イタリアの基本情報

【時差】
イタリアでは日本との時差はマイナス8時間。
例えばイタリアが09:00の時、日本では17:00となる。

サマータイムの実施期間は3月の最終日曜から10月の最終土曜日まで。
この期間の時差はマイナス7時間となる。

ただし、変更される年もあるので出かける前にチェックしましょう。
【日本からのフライト時間】
日本からイタリアまでのフライトは、直行便で約12時間。
【通貨】
通貨単位はユーロ。略号はE(EURO、EUR)。
補助通貨単位はセント(¢)。
1E=¢100。

イタリア語読みではチェンテージモcentesimo
複数形はチェンテージミcentesimiという。
【税金】
イタリアではほとんどの商品にIVAと呼ばれる付加価値税が10~20%かかっている。
旅行者などEU以外の居住者は、1店舗E154.94以上の買い物をした場合、
所定の手続きをすれば、手数料などを引いた税金が還付されるシステムがある。
買い物の際や帰国時には忘れずに手続きをしましょう。
【水】
イタリアの水道水は日本とは異なり、硬水で石灰分が多い。
そのまま生水を飲むことができるが、体調が不安な人や胃腸の弱い人などはミネラルウォーターを。
レストランやバールではミネラルウォーターを注文するのが普通。

オーストラリアの基礎知識

【時差】
オーストラリアには通常3つの時間帯があるので気をつけよう。

東海岸の各州と日本とは1時間差(日本時間に1時間プラス)
中央部は東部と30分の差なので日本とは30分差(日本時間に30分プラス)
西部(西オーストラリア州)は東部と2時間の差、つまり日本とはマイナス一時間差(日本時間から1時間マイナス)

ま た、原則として10月の最終日曜から3月の最終日曜まで、下記の州では
サマータイム(デイライトセービングと呼ばれる)を実施。

ニューサウスウエールズ州/ビクトリア州/オーストラリア首都特別区(キャンベラ)/タスマニア 州(10月第1日曜から)/南オーストラリア州。

これらの州は、この期間さらにプラス1時間と なる。
ただし、デイライトセービングの採用や期間は各州が毎年決めているので事前に確認すること。
【日本からのフライト時間】
日本からは5都市に直行便が就航していてとても便利。
シドニーまで約9.5時間
メルボルンまで約10時間
ブリスベンまで約8.5時間
ケアンズまで約7時間
パースまで約10.5時間

【通貨】
通貨単位はオーストラリアドル。
『A$』『AUS$』などと表記される。$1=100¢。
紙幣5種類とコイン6種類が流通している。

【税金】
オーストラリアではあらゆる商品やサービスに対し10%の物品サービス税GST(Goods & Service Tax)が課せられている(内税形式で表示)が、海外からの旅行者は、次の条件を満たせばGSTが還付される。

(1)1店舗$300以上の支払いをしている場合(店舗によっては同経営の支店との合算も可)。
(2)オーストラリア出国前30日以内の支払いであること。
(3)オーストラリア国内で消費していないこと(つまり飲食代、ホテル代、現地ツアー費用などは対象外)。

還 付手続きは、空港の出国審査後のエリアに設けられたツーリスト・リファンド・スキームTRS(Tourist Refund Scheme)で行う。
その際、購入した対象物品、購入時にもらえるタックスインボイスTax Invoice、パスポート、搭乗券を提示する。
原則$200までは現金で還付してもらえるが、それ以上の場合はクレジットカードの口座に振り込んでもら うよう手続きすることになる。

ショッピングなどをたくさんした場合は忘れないように。
【水】
オーストラリアの水道水は飲めるが、心配な人はコンビニエンスストアなどで
ミネラルウォーターを購入しておくといいでしょう。

はじめてのグアム

【時差】
日本とグアムの時差は+1時間。
日本が午前09:00だとするとグアムは午前10:00。
サマータイムの設定はなし。

【日本からのフライト時間】
日本のほとんどの主要都市からグアムへは、直行便で約3時間30分で行ける。

【通貨】
通貨単位は米ドル($)とセント(¢)。
硬貨は¢1・¢5・¢10・¢25
紙幣は $1・$5・$10・$20・$30・$50・$100がおもに流通している。

【税金】
グアムは輸入関税のかからない自由貿易港(フリーポート)なので、どの店も免税店。
アメリカ準州のため州税も不要だし、消費税もない。
ただし、免税範囲を超えると帰国時に空港で税金を徴収されるので注意しましょう。

【水】
グアムの水は石灰分が多いので、水道水は飲まないほうがいい。
飲用にはミネラルウォーターを購入するようにしましょう。